ウェディング総研

お得なウェディング情報をご紹介!!

Archive for 5月, 2016

ブライダルフェアはその式場の大体の結婚式の雰囲気をつかんだり

without comments

ブライダルフェアはその式場の大体の結婚式の雰囲気をつかんだり、料理や会場の様子を確認するためのものなので、あまり細かく決まっていなくても自由に参加できます。ゼクシィなど雑誌でもある程度情報は得られるけど、やはり自分の目で見るのが大切です。

挙式をしない予定の式場のフェアでも、見積もりはもらっておいた方がいい。実際に挙式する会場と比較参考でるし、いざとなったらそれを見せながらの交渉とかにも使えるかも。

招待人数を定員どおりのゲスト数にしてしまうと、通路が狭く新郎・新婦が並んで歩けない・・・や、1つのテーブルのゲスト数が多くなりゲストの方が窮屈に思う・・・等々です。120名が定員のお部屋なら、100名がベストですね。

結婚式二次会の主催が誰かということが大事です。主催が新郎新婦で、幹事に二次会をして欲しいとお願いしたなら、会費は新郎新婦が多くを負担しても抑えるべきです。景品代、会場代など、料理以外は新郎新婦の負担になります。

親戚を多く呼ぶと結構ご祝儀は期待できます。一人当たりの費用は変わりませんが、友人より親戚のほうが多くご祝儀くださいますので。友達は会費制の二次会に沢山呼ぶと負担も少ないし、楽しめるかも。

結婚系の契約は、値引きという値引きが難しく、金額を変える事は出来なくても、中身をどう増やすかで割安感をだすかが鍵です。

式場選びのポイントは人それぞれです。予算は大事です。スタッフのサービスも大事です。やっぱり料理がおいしいところがいいです。カジュアルな式にしたかったり、和装で白無垢を着たかったり、神前式にしたかったり。自分が思い描く結婚式をどんな風にしたいかです。

ゼクシィは、結婚式に関するHow toがたくさん載ってて強い味方です。どんな結婚式をしているのかを知る予備知識としても目を通されると良いと思いますよ。

結婚式の二次会会場はネットで探してみるのが手っ取り早いです。ぐるなびやゼクシィで探してもいいですが、最近では特典があるサイトもあるみたいだし、そっちで探した方がお得感はあります。

飲食店を利用する際に、割引クーポンを持って来る客と持っていない客の違いと同じで、持ってない客が損するだけです。ちなみに「Relie」というサイトは最大で5万円もらえるみたいです。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

Written by mailpostuser

5月 28th, 2016 at 11:30 pm

Posted in ウェディング